新宿の医療脱毛の詳細お伝えします!メイン画像

日焼けをしたけど大丈夫?

新宿も全国と同じように医療脱毛は医療用レーザーを使います。

肌には作用せずメラニン色素にだけ反応するようになっているため、肌への負担はなく脱毛ができます。

しかし日焼けをするとメラニン色素が増え、肌色も濃くなるため、そのままレーザー照射をすると、肌のメラニンに反応し火傷をする事があります。

これはエステサロンで行う光脱毛にも共通していますが、メラニン色素にだけ反応する光やレーザーでも、日焼けをしていない事を前提としていますから、トラブルを避ける意味でも施術前の日焼けは避けておく事が大事です。

火傷のリスクが高まる以上、クリニックでは予約をしていても施術を断る事が多いです。

この場合また予約を取ればいいやと考えがちですが、クリニックでは最初に脱毛スケジュールを組みそれに合わせて予約をとりますから、最適なタイミングでの脱毛ができなくなる可能性もあります。

医療脱毛は高い脱毛効果が期待できますが、威力が高い分リスクがある場合はそれを避けるのも当然なのです。

ただ、クリニックによっては肌色が黒くても安全に脱毛できる機械を導入しているところもあります。

例えば新宿にあるビューティースキンクリニックは3種類のレーザー脱毛機を備えていますが、その内の1つ、ロングパルスヤグレーザーというものが濃い肌色にも対応したレーザーです。

ですからもしあなたが人に比べて、もともと肌の色が濃いなら、このレーザーを使用しているクリニックへ行くようにしましょう。

とはいえこの場合も日焼けはオススメできません。

日焼けというのは軽いやけどと同じ状態です。

肌に炎症があるのと、元から色が黒いのとでは状態が違いますので、100%安全とは言い切れません。

新宿で医療脱毛をする場合は、完了するまで日焼けは控えておくのが賢明でしょう。